男女別にみる原因

困る

尿漏れは女性や男性、性別を問わず発生する症状です。また、高齢者だけが尿漏れを発症するとは限りません。若い人でも発症する恐れがあります。尿漏れの主な原因は、女性の場合は骨盤底筋のゆるみが挙げられます。骨盤底筋は、骨盤部分にある筋肉のことで、尿道口や膣を引き締める働きがあります。尿が漏れないようにする作用なので、尿漏れと深く関係している筋肉です。骨盤底筋は、妊娠や出産、老化、運動不足などが原因で衰えます。特に妊娠中や出産により、骨盤底筋には大きな負担がかかってしまうため、筋肉はダメージを受けてしまいます。そのため、骨盤底筋がゆるんでしまい、尿漏れなどを発症してしまうのです。また、一人目の出産では問題がない人でも、二人目、三人目と徐々に骨盤底筋がゆるんでしまう場合もあります。そのため、アラフォー女性の約半分が尿漏れを発症しているといわれているのです。

男性の尿漏れ原因は、主に前立腺肥大症が挙げられています。前立腺は膀胱のすぐ下にあり、尿道を囲うように位置します。そのため、前立腺が大きくなってしまうと、尿道が圧迫されてしまい頻尿や尿漏れを発症してしまうのです。また、過活動膀胱を発症してしまうと、突然の尿意に我慢できず、失禁や尿漏れを起こしてしまいます。この過活動膀胱は、男女を問わず発症する症状なので、頻尿や尿漏れに悩まされている人は、一度クリニックで受診しましょう。女性は尿道が非常に短いため、男性に比べると尿意を我慢できないといわれています。そのため、尿漏れは男性よりも女性が発症しやすいといわれています。尿漏れに悩まされている人は恥ずかしがらずにクリニックで受診すると適切です。