正しい対策が必要

困る

健康的な膀胱にはおよそ300ミリリットルから500ミリリットルの尿を溜めておくことができます。その後、トイレに行ける状況になると意識して尿を排出することが可能です。しかし、尿失禁になってしまうとこの機能が失われてしまうため、我慢できず尿を漏らしてしまうのです。女性の場合は主に骨盤底筋のゆるみが挙げられます。妊娠や出産、運動不足などが原因で骨盤底筋がゆるんでしまうため、骨盤底筋を引き締めるストレッチをすると、尿失禁を効率よく対策できます。骨盤底筋のストレッチでは、主に「膣と肛門を引き締める」「力を抜く」「再度引き締める」を繰り返します。約5秒感覚で行なうと効果的です。座ったままや立ちながら、歩きながらも行なうことができるので日常から対策を施すことができるのです。また、すぐに尿失禁の対策を施したいと考えている人は、尿失禁に適したオムツやシートを購入しましょう。臭い対策が施されているので尿を漏らしてしまっても外部に気づかれる恐れがありません。

尿失禁は男女ともに発症する症状です。また、脳や神経が問題で尿失禁を発症することもあります。尿失禁に悩まされている人は、まずはクリニックで受診し、正しい原因と対策方法を聞くことが大切です。また、尿失禁は冷えから来ることもあります。そのため、尿失禁の対策方法として冷え性の改善が挙げられます。尿意をコントロールできる薬や栄養成分の摂取なども対策や治療方法として効果的です。その他にも、糖尿病が原因で尿失禁を発症してしまうこともあります。このパターンは主に男性が発症してしまうため、尿失禁に悩まされている人は糖尿病を疑いましょう。また、糖尿病対策が結果的に尿失禁対策にもなるといえます。